パフォーマンスに繋がる休み方

IT業界は長時間労働が常態化していて、連日夜遅くまで仕事をしている人が多い、とよく言われます。確かにシステムのリリース前やクライアントへの説明の前日などは、どの会社でも深夜まで働くことがあります。しかし、疲れた体では良いパフォーマンスはできず、仕事への評価には繋がりません。そのため、いかに休みの日にリラックスして過ごせるかが効率アップの重要なカギとなるでしょう。とは言え、気の向くままに休んでいると、もしかしたらNGな休日の過ごし方に陥っているかもしれません。上手に休むポイントを頭に入れておきましょう。

おすすめできない休み方の一つが、時間を気にせずに遅くまで寝てしまうことです。睡眠不足や疲れを回復するためには睡眠は大切ですが、寝過ぎは余計に体力を奪われることもあります。上手に休むためには、睡眠以外の休息法を試みるのが手っ取り早いです。ストレッチやマッサージでも体力回復ができるのを知っていますか。筋肉への刺激で血行促進され、疲れやストレス解消に効果があるのでおすすめですよ。

タフな仕事が続くと感情が高ぶったまま休日に突入することがあります。休みの日の過ごし方がワンパターンだと、感情のリセットがなかなかうまくいきません。上手に感情をリセットするには、スポーツやカラオケ、映画鑑賞で気分転換するのが効果的です。いつもと雰囲気の違う非日常空間で過ごすことで、頭もスッキリしていくでしょう。リセットの代表的な方法として旅へ出るというのもあります。長期休みを使って自然の多い景色を眺めてみると次の仕事への英気が養われますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です